Nino Rota : ニーノ・ロータ

ニーノ・ロータ(Nino Rota、1911年12月3日 – 1979年4月10日)は、イタリアの作曲家。クラシック音楽と映画音楽で活躍した。ロータ自身は「本業はあくまでクラシックの作曲であり、映画音楽は趣味にすぎない」と言っていたが、映画音楽の分野で多大な業績を上げており、死後クラシックの作品も注目を集めるようになった。

北イタリアのミラノ出身。11歳でオラトリオ、13歳でオペラを作曲し、ミラノ音楽院、サンタ・チェチーリア音楽院で学んだ。その後米国に渡り、カーティス音楽学校に学んだ。帰国後ミラノ大学に入学し、文学と哲学を並行して専攻。

大学卒業後音楽教師となり、その傍らクラシック音楽の作曲家として活動を開始。1942年以降、映画音楽の作曲も始めた。1951年、当時新進映画監督として注目を集めたフェデリコ・フェリーニと出会い、その後フェリーニの映画の殆どの音楽を手がけることになった。

フェリーニ監督以外の映画音楽も多数手がけ、フランシス・フォード・コッポラ監督の『ゴッドファーザー』の音楽はロータの代表作となり、『愛のテーマ』は日本でも尾崎紀世彦によってカヴァーされ、多くの人々に親しまれた。

心臓発作によりローマで死去、67歳。生涯独身だった。

 ・ Spotify : Nino Rota : ニーノ・ロータ

Nono Rota : ニーノ・ロータの映画音楽

フェリーニ監督作品
白い酋長(1951年)
青春群像(1953年)
道(1954年)
崖(1955年)
カビリアの夜(1957年)
甘い生活(1959年)
ボッカチオ’70(1962年)
8 1/2(1963年)
魂のジュリエッタ(1965年)
世にも怪奇な物語(1968年)
サテリコン(1969年)
フェリーニの道化師(1971年)
フェリーニのローマ(1972年)
フェリーニのアマルコルド(1973年)
カサノバ(1976年)
オーケストラ・リハーサル(1979年)

その他の映画音楽
戦争と平和(1956年)
太陽がいっぱい(1960年): Plein soleil

山猫(1963年)
じゃじゃ馬ならし(1967年)
ロミオとジュリエット(1968年)
ワーテルロー(1970年)
ゴッドファーザー<愛のテーマ>(1972年)
ナイル殺人事件(1978年)
ハリケーン(1979年)

  • コメント: 0

関連記事

  1. Maurice Jarre / モーリス・ジャール

  2. Francis Lai : フランシス・レイ

  3. Michel Legrand : ミシェル・ルグラン

  4. Henry Mancini : ヘンリー・マンシーニ

  5. Ennio Morricone : エンニオ・モリコーネ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。