Henry Mancini : ヘンリー・マンシーニ

ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini、1924年4月16日 – 1994年6月14日)は、アメリカ合衆国の作曲家、編曲家。映画音楽家としてグラミー賞、アカデミー作曲賞に何度も輝いた。

1952年にユニバーサル映画に入社する。音楽監督のジョセフ・ガーシェンソンのアシスタントとして修行しながら、アボットとコステロの喜劇や『大アマゾンの半魚人』等のB級ホラーの劇伴を手がけた。そして『グレン・ミラー物語』、『黒い罠』といったヒット作で頭角を現わす。

1960年代からは主に、『ティファニーで朝食を』『シャレード』などオードリー・ヘプバーン作品で注目を集めた。特に『ティファニーで朝食を』でヘプバーンが歌った『ムーン・リバー』はスタンダードとなった。

他に『刑事コロンボ』のテーマ(もとはNBCのウィール、NBCミステリー・ムービー のテーマ)や『ピーター・ガン』のテーマ、『ピンク・パンサー』のテーマ、『ひまわり』のテーマなどがよく知られている。

温厚な人柄で知られ、ヘプバーンやクインシー・ジョーンズ、ジェリー・ゴールドスミスら数多くの友人に慕われた。またモーリス・ジャールやミシェル・ルグラン、ラロ・シフリンといった外国人作曲家にも親身に関わった。人望も厚く、いくつかの大学で名誉博士号を受け、後進の育成にもあたった。

1994年6月14日、膵臓および肝臓癌のためビバリーヒルズの自宅にて死去。70歳。

Henry Mancini : ヘンリー・マンシーニの作品

ティファニーで朝食を Breakfast at Tiffany’s(1961年)
ハタリ! Hatari!(1961年)
酒とバラの日々 Days of Wine and Roses(1962年)
シャレード Charade(1963年)
ピンクの豹 The Pink Panther(1963年)
暗闇でドッキリ A Shot in the Dark(1964年)
グレートレース The Great Race(1965年)
アラベスク Arabesque(1966年)
地上最大の脱出作戦 What Did You Do in the War, Daddy?(1966年)
いつも2人で Two for the Road(1967年)
暗くなるまで待って Wait Until Dark(1967年)
パーティ The Party(1968年)
ナタリーの朝 Me, Natalie(1969年)
男の闘い The Molly Maguires(1970年)
暁の出撃 Darling Lili(1970年)
ひまわり I Girasoli(1970年)
オクラホマ巨人 Oklahoma Crude(1973年)
時よとまれ、君は美しい/ミュンヘンの17日 Visions of Eight(1973年)
殺し屋ハリー/華麗なる挑戦 99 and 44/100% Dead(1974年)
華麗なるヒコーキ野郎 The Great Waldo Pepper(1975年)
ピンク・パンサー2 The Return of the Pink Panther(1975年)
いくたびか美しく燃え Jacqueline Susann’s Once Is Not Enough(1975年)
大陸横断超特急 Silver Streak(1976年)

  • コメント: 0

関連記事

  1. Ennio Morricone : エンニオ・モリコーネ

  2. Michel Legrand : ミシェル・ルグラン

  3. Maurice Jarre / モーリス・ジャール

  4. Francis Lai : フランシス・レイ

  5. Nino Rota : ニーノ・ロータ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。